文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

ポーラ伝統文化振興財団とは

財団概要

日本の伝統文化を未来につなぐ…

ポーラ伝統文化振興財団は、「本当の美しさは、内面の美や心の豊かさを伴ってこそ初めて実現する」という創業者の想いの下、豊かな社会と文化の向上に寄与すべく、ポーラ創業の50周年(1979年)を機に設立されました。2011年には公益財団法人に移行し、日本の優れた伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能などの無形の伝統文化を対象に、その保存・伝承・振興を行っております。

歴史と風土によって醸成された日本人の感性とわざは、各地に伝わる伝統文化の中に息づき、世界に誇る多様な文化資産を構築してきました。時を経て、脈々と受け継がれてきた日本の伝統文化は、今後、私たちが文化的、社会的発展を遂げる際の恵みある土壌や、私たちがふとした時に立ち返る心の拠り所になります。私どもの財団は、伝統文化に向き合う方々に寄り添い、その活動を支え、より多くの方々にその素晴らしさや重要性を知っていただくことで、伝統文化を未来につなぐ一助をなしたいと願っております。皆さまにはぜひとも、ご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団
理事長 小西 尚子

公益財団法人概要

名称: 公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団
(Pola Foundation for the Promotion of Traditional Japanese Culture)
住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ第2五反田ビル
電話番号:03-3494-7653
FAX 番号:03-3494-7597
設立: 財団法人:昭和54年(1979年)12月12日
公益財団法人移行:平成23年(2011年)12月1日
目的: わが国の優れた伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能および民俗行事などの無形の伝統文化の保存・継承・振興をはかり、もってわが国の文化の向上、発展に寄与することを目的とします。
事業:
  1. 顕彰事業
  2. 助成事業
  3. 保存記録作成事業
  4. その他事業(普及、作品の収集保存等)

ご寄附のお願い

当財団は皆様からの資金のご援助を仰いで事業の継続と充実を図り、伝統文化の保存・振興により一層寄与するよう努力を重ねてまいります。
当財団の事業にご賛同賜り、格別のご支援を頂きたくお願い申し上げます。

業務・財務資料

平成13年8月28日の公益法人等の指導監督等に関する関係閣僚会議幹事会において行われました「インターネットによる公益法人のディスクロージャーについて」の申し合わせに基づき、下記に挙げる最新の業務及び財務等に関する資料を公開いたします。


ここからサブコンテンツメニュー

  • 4つの事業について
  • 財団概要
  • ご寄附のお願い
  • 関連リンク
伝統をつなぐ、文化をめぐる。 クリック

  • ページトップへ戻る