※写真の無断転用を禁じます。

みちのくの鬼たち−鬼剣舞の里−
1996年製作/監督:村山正実(カラー36分)

文化庁優秀映画作品賞、優秀映画鑑賞会推薦

「けんばい」は念仏拍子の踊りという意で岩手、宮城県下で広く行われている。盆になると鬼剣舞の一団が家々を訪れ父祖たちの霊をなぐさめて踊る。国の重要無形文化財指定を受けた4つの剣舞のうち衣川の「川西念仏剣舞」、和賀の「岩崎鬼剣舞」を取り上げ、背景にあるみちのくの歴史と、子供達への伝承活動を通して地域社会と子供達を繋ぐ民俗芸能の生きた姿を描く。

close