文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

プライバシーポリシー

ポーラ伝統文化振興財団メールマガジン ご登録はこちら

伝統をつなぐ、文化をめぐる。 クリック

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団(以下、「当財団」といいます。)は、個人情報の取扱いに関して以下のプライバシーポリシーを策定し、これを遵守するとともに、お客様等の個人情報をはじめとする全ての個人情報をより安全かつ適切に取り扱うことを宣言いたします。

本プライバシーポリシーは、当財団が収集し、利用する全ての個人情報をその対象として、当財団の個人情報に関する基本的指針を定めるものです。

管理体制

当財団は、個人を識別し得る情報(以下「個人情報」という。)に関して、個人情報保護のための組織・基盤を整備し、正確かつ最新の内容を保つよう努めるものとし、第三者からの不正なアクセス・改ざん・漏洩等がないよう、 安全かつ適切な処理・保管・廃棄を行います。

収集

当財団は、個人情報を適法かつ公正な手段で、必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
収集する個人情報の範囲は、利用目的を達成するために必要な限度を超えないものとします。
また、収集するにあたっては、適正かつ公正な手段により行い、法令により例外として扱うことが認められている場合を除き、利用目的を予め公表するか、または取得後速やかにご本人に通知もしくは公表いたします。

利用目的

当財団は、ご本人の同意を得た場合、および法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、収集した個人情報について、収集の際に予め明示した目的または公表している利用目的においてのみ利用いたします。
具体的には、郵便・電子メールによる各種ご案内、機関誌等各種媒体の発送・代金決済、アンケートのご依頼、企画運営の参考、その他伝統文化の普及振興活動上必要な範囲での利用目的においてのみ利用させていただきます。

第三者への個人情報の提供

個人情報は、以下の場合に第三者に開示・提供させていただく場合がございます。

1) ご本人から開示・提供についてあらかじめ同意をいただいた場合。

2) 法令に基づく場合。

3)お知らせした利用目的を達成するために、ビジネスパートナーに対して、書面または電子情報等により、収集させていただいた上記2に記載の個人情報項目のうち、必要な項目・範囲内で個人情報提供を行う場合。

4)お知らせした利用目的を達成するために、個人情報の取扱いを業務委託先に委託する際に、必要な範囲内で情報開示・預託を行う場合。この場合、当該業務委託先にも当財団と同等の情報管理を行うように義務を課し、管理を徹底致します。

開示・訂正・利用停止等

情報主体から、自己の個人情報について開示・訂正・利用停止・第三者への提供の停止等を求められた場合には、 ご本人からの請求であることを確認した上で、法令に従い対応窓口を通じて、適切に対応します。

開法令等の遵守と取扱いの改善・改良

個人情報の取扱いにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」及びその他の適用される日本国法令を遵守すると共に、継続的な見直しを行い、その改善・改良に努めます。

教育

個人情報保護の推進のために、当財団の全職員に対して、適宜、適切な教育を実施します。

個人情報の保管期間と消去

個人情報は、当財団が必要であると判断した期間、適切に保管・管理させていただき、期間終了後、安全に消去致します。

管理責任者 公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団 事務局長

  • ページトップへ戻る