文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

顕彰と助成

助成事業申請要領

日本には先人が残したすばらしい文化遺産が数多くあります。日本人の英知と感性から生れた世界に誇る伝統文化は、一度失ったら再び取り戻すことが困難なもので、 大切に受け継がれていかなければなりません。
本事業は、助成を通じて、日本の伝統文化の維持・向上にささやかながら貢献しようとするものです。

1.助成の対象

(1)対象分野

伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能及び行事など、日本の無形の文化財の記録や研究、保存・伝承活動において、有効な成果が期待できる事業に対し補助的な援助を行います。

(2)申請者の資格

  • [1] 個人、団体のいずれも申請することができます。
    (但し、一個人、一団体につき一件の申請に限ります)
  • [2] 団体の場合、法人格の有無は問いません。但し、永続性のある活動団体である事を原則とします。

(3)事業の期間

H28年4月からH29年3月までに実施するまたは着手する事業内容に対して助成します。

(4)助成の対象とならないもの

①営利を目的とし、あるいはその結果が直接営利に結びつくような事業。
②イベント、演奏会、個展等の運営経費。

2.助成の概要

(1)助成金額(目安)

補助的な援助を実施することを前提に1件あたり、30万円から200万円程度の金額を助成します。助成金額は選考委員会で計画を審査、精査のうえ、内定されます。

(2)助成期間

当財団の一事業年度単位(4月1日〜翌年3月31日までの1年間)としますが、長期にわたる事業の場合、3年程度を目途に複数年助成を行うことがあります。
また、事業の進展状況やその他条件により2〜3年の分割とする場合があります。
いずれの場合も2年目以降は中間報告書の提出を求め、改めて事業内容の確認・審査を行います。

(3)助成の決定

「採択助成事業と助成金額」は当財団が委嘱した選考委員による選考委員会の厳正な審査・検討の上で選定・内定答申がされます(7月末予定)。また事業計画によっては助成金の使途に制限がある等、条件が付帯する事があります。
採択が内定した事業につきましては事業申請者と改めて事業に関する確認を行い、その結果に基づき理事長が採択有無の最終決定をいたします。

(4)H28年度 助成予定件数

3〜4件程度

3.応募手続き(H28 年度助成)

(1)応募期間

申請書受付期間 H28年2月1日からH28年3月31日まで。
【当日消印有効】
※書類不備の場合等に対応できるようご留意ください。
(4月1日以降の書類追加・訂正等には対応できません)

(2)応募方法

当財団所定の助成申請様式に必要事項を記入の上、当財団事務局宛てに、簡易書留にて送付下さい。
なお、申請書の記入スペースが足りない場合は別途記入(書式は自由)し添付してください。

※(助成申請表紙、申請用紙1〜3ページ、申請者プロフィールの5枚1セットとなっています。
漏れ、不足のないようご注意ください。)

【送付先】
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-2-10
ポーラ第2五反田ビル
公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団 助成事業担当 

(3)採否等通知

  • [1] 採否等の結果は7月末(予定)に文書で通知します。
  • [2] 採否の理由については一切お応え出来ません。

(4)その他

申請内容について確認のご連絡をすることがあります。
※なお、申請書類、添付資料などのご返還は致しませんので予めご了承の上ご応募ください。
(●ご応募にあたり記入いただきました個人情報は、本助成に関する内容の確認や結果告知および個人を特定しない統計資料の作成の目的で使用させていただきます。また、ご応募者の事前の承諾なく個人情報を業務委託先以外の第三者に開示・漏洩いたしません。)

4.助成の実績

(1)採択内定通知と確認

採択内定者にはその内容(金額枠や付帯条件等)をご連絡し事業実施について改めて確認を行います。

(2)覚書の締結

事業実施の確認・合意がなされたあと、助成申請者と当財団との間で計画書及び確認事項等に基づき、金額、条件、手続きその他詳細な覚書を締結し、その内容にそって助成を実施します。

(3)報告の義務

助成を受けた事業の責任者は、活動の経過、結果、及び会計などについて、事業完了後速やかに所定の様式に基づき財団事務局へ報告していただきます。また、助成を受けた事業の内容に変更が生じた場合には、事前に当財団事務局の承認を得ていただきます。

(4)付帯義務

助成を受けた個人、又は団体が事業の成果などを公表する場合は、当財団の助成を受けた旨を明示していただきます。

お問合せは 電話(03-3494-7653) ポーラ伝統文化振興財団 事務局まで
お問合せ対応時間(10:00〜17:00 ※土曜・日曜 祝日は休業)


ここからサブコンテンツメニュー

  • 伝統文化ポーラ賞
  • 本年度の受賞者
  • 過去の受賞者(年代別)
  • 過去の受賞者(ジャンル別)
  • 助成事業申請要領
  • 助成事業の実績
伝統をつなぐ、文化をめぐる。 クリック

  • ページトップへ戻る