第28回 伝統文化ポーラ賞 地域賞

中国・四国
  • 西畑人形芝居保存会(さいばたにんぎょうしばいほぞんかい) [ 会長:片山 隆 ]
  • 高知県
「西畑人形(デコ)芝居の保存・伝承」
高知市の無形民俗文化財である西畑人形(デコ)芝居は、明治12年頃、春野町西畑に生まれた。「一人一本使いの差し金技法」が最大の特徴で、テレビ放映で人気を博した「ひょっこりひょうたん島」も西畑人形の差し金形式を取り入れたもので、現代人形劇にも大きな影響を与えている。
明治20年代から大正期にかけては、県下各地に巡演する座が出るなど、庶民の娯楽の華として隆盛を極めたが、戦後のテレビの普及や後継者不足から次第に衰退し、発祥の地である西畑からもその姿を消してしまった。そんな西畑の地にこの地で生まれた素晴らしい伝統芸能を復興し、次の世代に継承しようと平成8年「西畑人形芝居保存会」が発足した。以来12年、地元の神社の夏祭りや小中学校での公演を主な活動とし、保存と伝承に力を注いでいる。また、本年2月には県の地芝居の4団体で民俗芸能ネットワーク協議会を立ち上げ、相互に連携を取りながら後継者を育成し、伝統芸能の継承に繋げるなどその貢献は誠に大きい。
close