第29回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞

  • 萩岡 松(はぎおか しょういん)
  • 52歳
  • 東京都
「箏曲の演奏・作曲」
萩岡 松さんは、山田流箏曲の名門に生れた。曾祖父は山田流協会創設に携わり初代会長であった初世萩岡松。幼い頃より祖父と父から薫陶を受け23才で四代目を継承。
山田流箏曲の王道を歩み、豊かな天分に支えられた演奏家としての萩岡氏は、江戸の浄瑠璃の特色を生かして創始された山田流箏曲に欠くことのできない天性の美声を持ち、その流麗な演奏技巧は近年その深みを一層増している。
また、山田流箏曲家としての伝統であり、矜持とも言い得る作曲活動においても意欲的に創作作品を発表、その数は優に50曲を超えており、平成11年からは継続的に作品集CDアルバムを発表、平成14年には初の「萩岡 松りさいたる」が文化庁芸術祭の優秀賞を受賞するなどその成果は大きく結実した。
さらに、父三世の早世により継承した萩岡會においては、多くの子弟への指導育成にひたむきに取り組むとともに、その熱心な教育手腕が高く評価され、昨年東京藝術大学音楽部邦楽科の教授に就任するなど、広く箏曲界の価値の普及に寄与し、今後も一層の活躍が期待されている。
close