第36回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞

自宅工房での絵付け作業
平成28年7月21日

  • 神谷 紀雄(かみや のりお)
  • 昭和15年生まれ
  • 千葉県
鉄絵銅彩の制作・伝承
自由闊達に作品に「字を書くように絵を描く」のが、陶芸作家としての神谷紀雄さんのこだわり。神谷さんは酸化鉄で描く「鉄絵」と、還元炎焼成で赤に発色する銅の性質を利用して彩色する「銅彩」の技法の「鉄絵銅彩」で、平成20年に県指定無形文化財保持者に認定されている。
現在は千葉市に窯を構えるが、昭和15年栃木県益子生まれの益子焼窯元の四代目。神谷家は江戸時代末期の益子焼創業とともに窯業を開始。三代目の父親は横浜の港北区に窯を開き、その勧めで多摩美術大学に進み、陶芸の世界に入った。
美大を卒業後の昭和39年、24歳の時に千葉市東寺山の山林に窯を開く。以来、益子の土を使って皿や鉢、花器などを作っている。その転機は、昭和42年に人間国宝の田村耕一氏に師事したこと。ここで「鉄絵」と、「銅彩」の技法に出会った。
冒頭の言葉にもあるように、神谷さんの持ち味は、親しみのある鷹揚なスタイルと称されるが、ここで「鉄絵」「銅彩」という二つの技法を同時に用いた「鉄絵銅彩」の技法を駆使した作風を確立。この技法名を記して初めて出品した作品で、昭和61年第26回日本伝統工芸新作展で奨励賞を受賞している。神谷さんの現代的な感覚での表現が評価され、師の「鉄絵銅彩」の技法を受け継ぎながらも着実に自身の表現として今日に広めてきた。平成15年には第50回日本伝統工芸展の「鉄絵秋海棠文長皿」で第50回展記念賞を受賞する等、評価を得てきた。
平成17年に後進育成のために陶芸家グループ「陶葉会」も発足させ、毎年のように会員から公募展の受賞者を輩出。平成24年にはその活動を通して地域の芸術・文化を発展させた功績が認められて文化庁の地域文化功労者の表彰を受けた。千葉県美術会常任理事としての要職や、鉄絵銅彩の作家でありながら、後進の指導・育成を継続的に行っている優れた指導者としての功績を認められ、今回の優秀賞となった。
close