第37回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞

工房で上絵付時のマスキング作業を行う
前田さん。この作業は数回繰り返される。
(平成27年2月)

  • 前田 正博(まえだ まさひろ)
  • 昭和23年生まれ
  • 神奈川県
色絵磁器の制作
白い磁器をキャンバスに見立てて、色を重ねる色絵磁器の技法。 前田正博さんの色絵磁器は、金彩や銀彩に赤や青などの色数を抑えた抽象模様が、独特な質感と存在感を醸し出している。作品は、鉢や茶碗など日常の用途があるものが中心。前田さんは、色絵磁器の技法をオブジェや絵画的な表現として、実用的な生活の器の中に取り込む面白さを語る。
昭和23年に京都で生まれた彼は、昭和50年に東京藝術大学大学院工芸科陶芸専攻を修了。その間に絵画や彫刻、工芸一般をすべて経験した上で、陶芸への道を進むことを決意する。陶芸の工程ごとに変化する様子が楽しく、それが自分に向いていると思ったからという。
平成19年ごろから始めたという洋絵具を使った現在の技法は、ろく挽きした真白な磁器素地を手削りし、マスキングテープを使って、彩色しては焼くという工程を5〜6回繰り返す。すると端正な磁器のフォルムの抽象模様に覆われた表面が、陰影を感じるテキスタイルのような質感を帯びた作品となってくる。通常の和絵具にはガラス成分が多く、何度も焼くと剥離してしまうが、洋絵具を使うと重ね塗りができる。その度に磁肌に現れる複雑な表面効果が、前田正博さんの色絵磁器のスタイルになりつつある。
平成17年第1回菊池ビエンナーレ展優秀賞受賞し、この時に東京・六本木に工房を移転。都会的感性を磨きながら作品作りに取り組んでおり、近年の受賞歴は平成21年第56回日本伝統工芸展 日本工芸会総裁賞受賞、平成22年第17回MOA岡田茂吉賞展 MOA美術館賞受賞、平成23年日本陶磁協会賞受賞、平成27年第6回創造する伝統賞受賞(日本文化藝術財団)など国内外で高い評価を得ている。このほか、平成19年「前田正博色絵磁器展」(アサヒビール大山崎山荘美術館)を皮切りに多数の展覧会も開催している。
また、所属の日本工芸会や石川県立九谷焼技術研修所、茨城県立笠間陶芸大学校などの講師として、多くの後進を育てている。伝統的な陶芸の色絵磁器の技法を基本に据えながら、現代的な感性を持った表現者として、高いレベルで伝統の幅を広げる実力から今回の受賞となった。
close