第38回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞

Image

工房で長板中形の糊置きを行う
(平成29年4月)

  • 松原 伸生(まつばら のぶお)
  • 昭和40年生まれ
  • 千葉県
長板中形の制作

藍と白の明快な対比が際立つ「長板中形」。6メートルを超す細長い板に生地を張り、「型紙」の柄に合わせて糊を置き、本藍で染める熟練の技を要する伝統工芸だ。江戸時代前期ごろから夏の浴衣を染めるのに使われたことから、浴衣染の代名詞となった歴史を持つ。

松原伸生さんは、祖父、父と三代にわたって受け継いだその技法を、今度は新しい感覚での柄選びや、染める素材にも工夫を重ねるなどで活かし、注目を集めている作家だ。

昭和40年、伸生さんは東京・江戸川区の染色業を営む大家族の家に生まれた。通常、「長板中形」は型紙を使って糊を置く「型付」と、藍を建てて「染める」という二つの分業で製作が成り立つ世界だ。しかし、祖父の
松原定吉さんは、その伝統的な業界の分業の垣根を越えた一貫した製作に取り組み、昭和30年には重要無形文化財保持者となっている。そこには、自分で選んだ型紙で糊を置いた生地を、意図する色に染め上げたいという強い志があり、それは4人の息子たちに引き継がれた。その息子たちの一人である松原利男さんが、伸生さんの父である。

昭和59年、伸生さんは東京都立工芸高等学校を卒業後、19歳の時に現在の環境のいい千葉県君津市に工房を構えて一家で移り住み、父親を師として「長板中形」の修業が始まった。一切の口頭での説明もなく、結果から学べという厳しい父親のもとで基礎を学んだと当時を振り返る伸生さん。「長板中形」の特徴でもある両面に防染糊として糊を置く加減や、その日の気温や湿度で配合する糊の工夫なども、経験を通して自分のものにしてきた。

その精巧無比な両面型付の技術や清涼感ある染め色の発色、麻や絹などの生地を使用するなど、洗練された作品づくりに挑戦する姿勢が評価されている。その実力は、昭和62年に日本伝統工芸展、伝統工芸新作展の初入選を皮切りに毎年のように受賞を重ねており、特にここ10年くらいの工芸会での進境も著しく、その充実した活動が評価されて今回の受賞となった。また、地元の小学校での体験授業や博物館での講師や工房開放などの社会貢献活動も積極的に行い、平成29年には千葉県指定無形文化財保持者の認定も受けている。

close