第39回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞

Image

作品の縁かがりを行う(平成25年頃)

  • 藤塚 松星(ふじつか しょうせい)
  • 昭和24年生まれ
  • 神奈川県
竹工芸の制作・伝承

「彩変化(さいへんげ)」とは、藤塚松星さんが自身の竹工芸の作品の技法につけた名称。見る角度によって、竹ヒゴの色が追いかけるように玉虫色に変化してくる。例えば、平成21年 第49回東日本伝統工芸展でMOA美術館賞を受賞した「彩変化花藍」では、朱と黒の2色に染め分けられた竹ヒゴが、櫛目編に組んだ花籃全体を駆け抜けるように並び、視点を移すと色のグラデーションが変化を見せる。

この色の移ろいを可能にするのは、「伝統にあって伝統に従わないところに現代を見る」と評論される、藤塚さんの独創的な技法と表現である。通常は竹ヒゴの断面を丸や四角にするところを、敢えて三角形に調整し、三角形の断面それぞれを効果的に染め分けることで、マジックのように色が変化する作品を生み出す。

彼が竹芸作家の馬場松堂に師事し、竹工芸に進んだのは23歳の時。家業の継承で作家になったわけではなく、自らの選択で希望した道だった。彼の雅号には「星」の字が入っているが、それは小学生のころから関心を寄せてきた天文に由来する。彼は、一度はサラリーマンとなったものの、天体観測を続けたいとの思いから、自身で時間を調整できる仕事を目指したという。

基礎を学ぶために数多くの竹工芸の品をつくる下積み生活の中で、藤塚さんは師が公募展などに向けて作品を創る様子を間近で見ることができた。竹工芸の造形に対する知識や現代化に対する理解がある師の下で、彼は自分に機会が訪れるのを待ち続けた。しかし、彼が追い求める竹工芸の現代作家への道は険しく、初めて平成4年に伝統工芸新作展で奨励賞を受賞した時には43歳になっていた。

しかし、そこから毎年のように公募展での受賞を重ねる快進撃が続き、平成29年には第16回伝統工芸木竹展に出品した「彩変化花藍『日月』」で文部科学大臣賞を受賞。平成24年には紫綬褒章を受章している。創作の一方で、工房を置く神奈川県大磯で学校教育の一環として「子ども竹細工教室」の講師やワークショップ、大学など後進への指導や普及活動にも尽力しており、その功績を称えて今回の受賞となった。

close