第40回 伝統文化ポーラ賞 奨励賞

Image

長唄を演奏する杵屋利光氏(左から3番目)

  • 杵屋 利光(きねや としみつ)
  • 昭和42年生まれ
  • 東京都
長唄の伝承・振興

長唄(ながうた)は、江戸時代に成立した日本の声楽を代表するジャンルの一つです。「歌い物」、「語り物」の分類では前者に属し、数人の唄と、細棹の三味線によって演奏されます。

歌舞伎の伴奏音楽でもあり、出囃子という舞台上の雛壇での演奏は、舞台で繰り広げられる役者たちの演技を華やかに彩ります。

40年近く修行を積まれ、輝かしい功績をのこしてきただけでなく、後進の育成に尽力しているため、今回の受賞となりました。

close